初心者・中学生・小学生が独学でプログラミングを学ぶために

プログラミング

初心者・中学生・小学生が独学でプログラミングを学ぶために

小学生から大人までプログラミング未経験者の方がどのようなステップでプログラミングの勉強を進めて行けばいいのかを紹介しています。

プログラミングを始めるにあたり、何からすればいいかわからないかたは多いのではないでしょうか?

そんな中で今回はどのようにプログラミング学習を進めていけばいいかを私の周りにいる中学生でゲームやWebを作っている方の体験を元にご紹介したいと思います。

さらに、そもそもどのプログラミング言語を学べばいいのかをプログラミング言語の主な用途を元に紹介したいと思います。

まず初めに学ぶプログラミング言語を決めよう

まずはプログラミングの学習を始める前にどのプログラミング言語を学ぶか決めないといけません。

学ぶ言語は、学ぶ理由によって決まります。

最近だとプログラミングを学ぶ理由として多いのが以下の4つのうちのどれかだと思います。みなさんは次の1.〜4.の選択肢のうちどれをできるようにないたいでしょうか。

  1. Webページ(ホームヘージ・Webアプリを含む)を作れるようになりたい方
  2. スマホアプリ(iPhone・Androidアプリ)を作れるようになりたい方
  3. ゲームを作れるようになりたい方
  4. 機械学習・データ解析(AIを含む)ができるようになりたい方

プログラミングを学んで何ができるようになりたいかは、人それぞれ1.〜4.の選択肢のうちどれでも良いですし、選択肢に無いものをできるようになりたくてプログラミングを始めるのもよいと思います。

ただ、ここで言いたいのはプログラミングの学習において、できるようになりたいことと、学習しているプログラミング言語が違う場合、学ぶのが非常に難しくなるからです

世の中には数十個のプログラミング言語があります。もしかしたら、無名なものも入れたら100以上の言語があるかもしれません。

そして、全ての言語において、その言語ごとに得意・不得意なこと、主な用途があります。

学ぶ言語を決める時は、その言語の得意・不得意なこと、主な用途を考えて決めなければなりません。

例えば、最近ではスマホアプリの開発が非常に人気になってきていますが、スマホアプリを作るにはそれ用の言語があります。

もし、みなさんがスマホアプリを作りたいのに、機械学習やデータ解析を得意とする言語を選んでしまっていたら、スマホアプリを作るのは非常に難しくなります。

もしかしたら、その言語ではスマホアプリが作れないかもしれません。

せっかく言語の学習をしたのに作りたいものが頑張っても作れないんだったらプログラミングを学ぶのが嫌になる可能性だってあります

そうならない為にも、どの言語を学ぶかは、何をしたいかをしっかりと決めて選ぶ必要があります。

と言っても、それほど真剣に考える必要はなくて「Webページがつくりたいなあ」と思ったらWebページを作れる言語、「スマホアプリを作りたいなあ」と思ったらスマホアプリを作れる言語を選ぶだけです。

以下に、最近人気な言語とその主な用途をのせています。どの言語も現在は非常に需要が高く、大手IT企業でも当たり前に使っている言語なので是非この中から選んでみてください。

他にの言語についても気になる方は是非ネットで調べてみてください。

  • HTML/CSS
    • Webページを作る言語。このページのようなものを作れる
  • JavaScript
    • HTML/CSSと組み合わせることでいろんな機能を持ったページを作れる
    • 例えば、チャット機能が作れたり、いろんなアニメーションが入れれる
  • Swift
    • IOSアプリが作れる。iPhoneのアプリが作れる
  • Java
    • Androidアプリが作れる
    • APIというものが作れる(詳しくは説明しませんが、大企業ではJavaでのAPI開発の需要が非常に高いです)
  • Unity(JavaScriptやC#)
    • Unityは言語では無いですがゲーム作りをするためのソフトでその言語でJavaScriptやC#があります
  • Python
    • 機械学習・データ解析ができる
  • Ruby/Rails
    • 高度なWebアプリを作るための言語。日本のベンチャー企業に人気です。

この中で初めてプログラミングをされる方で圧倒的に多いのがWebページを作るためのHTML/CSSとJavaScriptだと思います。

他の言語にくらべてわかりやすいく、学習がしやすく、応用がさまざまなところに効きます。Webページとしてスマホでも見れるのでスマホ専用のアプリをとしてSwiftやJavaを学ぶよりかは初めての方はHTML/CSS、JavaScriptを学ぶのが良いと思います。

すでにやりたいこと、作りたいものが決まっている方は、それぞれの用途にあった言語を選ぶとよいと思います。

次に学ぶ言語が決まったら学習の仕方について説明します。

学習の仕方、学習のステップを学びます

上記で学ぶプログラミング言語が決まったら以下の記事で実際のプログラミングの学習の仕方について知りましょう。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]